TDCグループTOPICS TDCグループTOPICS

東海澱粉株式会社 70周年記念事業 イベントレポート

2017年9月2日・3日の2日間、静岡県掛川市にある『つま恋リゾート彩の郷』において、東海澱粉株式会社70周年記念式典を開催した。この式典は70周年の節目の集大成として実施したもの。これまでの歴史をふまえ、さらにグループ各社の連携を深めより強固な東海澱粉グループとして71年目からの歩みを進めていくため、従業員など関係者ら800余名が全国から集結した。

概要

開催日時 2017年9月2日(土)15:30 〜 22:30
2017年9月3日(日)10:00 〜 12:00
会 場 つま恋リゾート 彩の郷
参加人数 842人

70周年を迎えて

代表取締役会長 神野 建二

代表取締役会長 神野 建二
70年を迎えました。20年前の、創立50周年の式典で植えられた記念植樹を眺めながら、改めて父や兄がつくってきた東海澱粉という企業の神髄を振り返っています。
今日まで社員という仲間を800余名という組織にまで育てることができたのは、時代の変化に柔軟に対応してくることができた証ではないでしょうか。私たちの商売はモノを「作る」のではなく「動かす」ことで成り立っています。「こうであらねばならない」と職人的に確固とした哲学を持つよりも、あらゆるニーズに柔軟に応え続けようとする姿勢が私たちの価値。それは間違いありません。
TDCグループという一隻の船に乗り込んだ800余名の皆さんにお願いしたい。モノを売ってくださるお取引先様によるご協力への感謝を、いつ何時も忘れないでください。そして、一つでも多くニーズの変化をとらえるべく、あらゆることへの好奇心を携えて前進してください。自らの中に食への飽くなき興味を育て、世界中の消費者の方々が求めている新たな付加価値を提供できるよう、さらなる成長を遂げていってください。その先にある「夢」を共に描きましょう。

代表取締役社長 森 憲司

代表取締役社長 森 憲司
我が社は創業以来、澱粉の取り扱いからスタートし、現在では1万数千品目というアイテム数を誇れるようになりました。ここまで成長できたのもひとえに社員の皆さんのチャレンジ精神と発想力があってのことだと感じ、大変感謝しております。
ここ10年の動向を見ても、消費者のニーズは日々刻々と変化しています。私たちは時代が求める食へのニーズを少しだけ先取りしながら、変化に対応できる体質をつくってきました。71年目からも日本ならびに海外の食のニーズをいち早くとらえ、地域密着で応えてまいりましょう。
世界中の一人でも多くの消費者に、あらゆる食品産業を通じ美味しくて安全な食品やサービスを安定してお届けし続ける企業でありたいと考えます。その実現のために、お取引先様である食品産業からパートナーとして認められ求められる「食のプロデュース&コンサルティング企業」として常に進化していくことで、持続的に成長するTDCグループを目指します。

イベントレポート

オープニング

オープニング
式典のオープニングは70年の歴史を当時の社会背景と重ねながら振り返る映像でスタート。その後の神野会長の挨拶では取引先企業様への御礼と800余名の社員への感謝に加え「ここから先の未来も共に創ろう」というメッセージが届けられた。その先にある「夢」を共に描きましょう。

アンケート調査結果の報告

アンケート調査結果の報告
社内アンケートの結果を見ながら、社長の森がパネルディスカッション方式でコメント。前向きなものばかりでなく厳しい内容もあったが、グループ一丸となって未来を作り上げていくために今後はますます「縦(本社−グループ会社)」のつながりを強化しよう」という指針を打ち立てた。

未来のビジョン

未来のビジョン
TDCグループとして「売上2,000億・純利40億円」という中期目標に向けたビジョンを共有。未来は会社がつくるものではなく社員が自分たちで志向し創り上げていくものである、ということを社員全員で確認。食のプロデューサーとして世界中の現場の知見を組織の知見として活用し、いつもお取引先様の身近な存在として進化し続けることを約束した。

チーム対抗ポイントラリー・クイズ大会

チーム対抗ポイントラリー・クイズ大会
本社、グループ企業、国内、海外問わず、全社員をランダムにグループ分けし横のつながりを強めつつ、会社の成り立ちを学び直すクイズ大会を実施。セクションを超えたチーム編成に、最初はぎこちなかったメンバーもゲームの中での話し合いや駆け引きなどを通じて距離を縮めた。グループを超えて久々の再会を果たす場面は、世界中に拠点を据えたTDCグループならではの光景だった。

懇親会・2次会

懇親会・2次会
クイズ大会での82のグループごとにテーブルがセットされ、所属を超えてあらゆるメンバー同士で交流。クイズラリーの答え合わせと表彰式を実施。二次会では手筒花火と仕掛け花火が披露されたり、創立50周年で植えられた記念植樹の紹介などもされた。久々に旧交を温める年代ごとの仲間たちの姿が印象的だった。

事業部紹介

事業部紹介
6つの国内事業と、アメリカ、台湾、東南アジア、中国という4の海外事業の紹介を各事業担当者が順に行った。その後800余名の社員全員で「糸」を合唱。「助け合える仲間に出会い、逢うべき方との出会いを大切に、この先80年100年と会社を発展させていきたい」との思いを共有して『私達の未来を語らう祭典』は幕を閉じた。

70周年記念式典を終えての思い

常務執行役員 南 幾雄

70周年記念式典を開催した背景には、大きな節目に際し東海澱粉グループ全体のさらなる結束と連携が必要であるという経営層の強い思いがあった。普段は物理的な距離の問題で感じることの難しい「一体感」を醸成するため、様々な趣向を凝らした。式典を終え、800余名それぞれの表情を窺い感じたのは「社員の皆も本当は一つになりたかったのではないか」ということだった。プログラムの中で未来の姿を共に描き、その未来を会社任せではなく自分たちの手で創りだしていくという感覚を味わいながら、グループ力の強さをそれぞれが自覚したのではないだろうか。すでに我々が手にしている海外への出店ノウハウやネットワーク機能を使って、さらに増殖する力があることを実感した。国内に足腰を据えながら、これまで以上に海外へと可能性を広げていく未来を見せてもらった思いだ。

当日の様子

  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子

当日の様子

一覧に戻る 一覧に戻る

pagetop