TDCグループTOPICS TDCグループTOPICS

食の世界の未来に資するため財団法人を設立しました。

「一般財団法人 自然の恵み財団」とは?

一般財団法人 自然の恵み財団
2017年9月、東海澱粉株式会社の一事業として「一般財団法人 自然の恵み財団」を設立しました。スタート段階である現在は、食品関連分野等を専攻する学生への支援を主な活動としています。将来的には、食品に関する研究支援なども視野に入れています。
いずれにしても根底にあるのは〈自然の恵みに感謝して「食」がもたらすあらゆる価値を追求し、豊かな社会の実現に貢献します〉という東海澱粉のグループ理念。これからの日本また世界の食品業界を担ってゆく若い力に資することで、食の未来を創出することの一助となるための取り組みです。

財団法人名称に込めた想い

「自然の恵み」はグループが掲げる企業理念の冒頭にある言葉です。畑の作物も牧場の牛馬も海の産物もすべては自然から始まります。その第一段階にいる私たちは、自然からいただいた恵みを世界に広げていく役割があります。自らのミッションを見つめ直し、さらに新しく挑戦できることに取り組んでいこうという意志を込めました。

南評議員(東海澱粉株式会社常務取締役)インタビュー

まずは、会社創立70周年の年に新たな社会貢献のためのチャレンジである「一般財団法人 自然の恵み財団」を設立できましたことを、お客様や取引先様含めて日頃からお世話になっております方々への感謝と共にご報告いたします。 近年、私たちの食生活をとりまく状況は年々変化を続けています。働く女性の増加や、高齢化や未婚化の進行で単身世帯が増える中、調理の省力化や孤食のニーズは拡大し続けています。「プレミアム志向」や「中食の充実」なども重要なキーワードです。食品業界ではそれらを実現するための新しい技術や品質管理能力が、これまでにないスピードとレベルで要求されています。東海澱粉グループは単に食品原材料を提供する会社ではなく、お客様や取引先様と共にあらゆる食文化の第一歩を創り出す立場として、高度な品質管理や加工技術のノウハウで世の中に貢献したいと考える集団です。
南評議員(東海澱粉株式会社常務取締役)インタビュー
グループとして節目となった今、私たちが主体となる食品業界のコンサルティングに留まることなく、未来を見据えた業界の人づくりや技術支援といった側面にも目を向けるべく、このような財団法人を設立しました。役員・社員一同、自分たちの商いが価値ある社会貢献につながっているのだという意識をさらに強くしております。今後とも関係者の皆様方のご理解と変わらぬご支援、ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。

一覧に戻る 一覧に戻る

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

交通のご案内

【一般財団法人 自然の恵み財団 事務局】
〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町24-15東海澱粉ビル
Tel:054-204-1093054-204-1093  Fax:054-253-8053
ホームページ:http://www.shizennomegumi.or.jp/

pagetop